「ほっ」と。キャンペーン

警備のプロが進める10の防犯   


f0320075_16124660.jpg
①電話番号教えるときは用心
電話番号から住所やメールなど、
すべての個人情報が漏洩します。
SNSでも、一度電話番号交換し合った相手が、
友達かもしれないと頻繁に出てきます。
美容院・エステ・マッサージなど、
会員登録等電話番号の記入欄があっても、
必要な場合以外は書かないようにしてください。

②マンションは最上階は狙われやすい
1階が狙われやすいのは過去の話で、
簡単に入れるアパートなどでしたが、
今はストーカーなどの不法侵入者は、
屋上から最上階を狙ってきます。

③夜道は電話やメールをしながら歩く
様々な防犯グッズを持っているからいいと思いがちですが、
夜道の一人歩きの1番の防犯は、
第三者の存在を感じさせることです。

④配達は差出人は誰かを聞き返すこと
ストーカーは配達業者になりすまして
ドアを開けようとします。
一度確認してから
玄関を開けるようにしてください。

⑤マンションなどでは、
 引越しの挨拶に来た人にも注意

引越しの挨拶だったり、
新聞屋さんなどになりすました
ストーカーや不審者も多くいます。
引越しの挨拶に来た方には部屋の番号を聞き返して、
サッと答えれるか確認してみましょう。

⑥バスルームの上の天井は
 開かないようにすること

バスルームの天井は点検のために
隣の部屋とつながっています。
天井はすぐに開く賃貸の場合、
ふさいでおきましょう。

⑦鍵は引っ越し後に自分で変える事
きちんとしたマンションなら
鍵交換は住んでることの多いのですが、
他の部屋の鍵と交換しただけの場合もあります。
元住人があなたの部屋に入ってこないようにするためにも、
自分で鍵交換をすることをお勧めします。

⑧玄関には男性用の靴を置くこと
玄関だけでなく洗濯物を外に干しているのなら、
男性用のものをつけたほうがいいでしょう。
女性のひとり暮らしではないように見せかけることが大切です。
また、玄関に男性用の靴おくことで、
配達業者や工事業者のなりすまし不審者も警戒してくれます。

⑨不審な人見かけたら相手にしない
ストーカーはあなたが混乱したり、
過剰な反応することによって助長します。
電話もメールも相手にしないことが鉄則です!

⑩自宅からSNSの写真を投稿しない
今SNSでは写真の投稿によって
現地情報が分かってしまいます。
そこから自宅を特定して
あらゆる個人情報が手に入るので要注意です。
また、メールのやり取りで
意味もなく「?」の絵文字や親しみのあるスタンプなどは、
好意を持たれていると勘違いするタイプが多いので
気を付けましょう。


狙われやすい季節は夏の深夜です!
防犯グッズを持ち歩いていても
相手に奪われてしまえば元も子もありませんので、
第三者がいることを装うことや
肌の露出のないものを着ることなど、
常に緊張感を持っていることもおすすめします。






激安おすすめ脱毛サロン
鼻の下産毛脱毛
                                       emoticon-0111-blush.gif
                                        emoticon-0152-heart.gif
                                     emoticon-0155-flower.gif
                                             emoticon-0136-giggle.gif

                                      



[PR]

by hrkoo43 | 2014-04-10 16:09

ストーカーに狙われやすい女性 >>